• HOME>
  • 第二回 日本全国ご当地パン祭りを振り返って

第二回 日本全国ご当地パン祭りを振り返って

2011年 第二回 日本全国ご当地パン祭り
写真

日本全国のご当地パンが集結し、そのおいしさを競う『全日本パンフェスティバル』。今回は、2011年に開催された「第二回 日本全国ご当地パン祭り」で、見事1位に輝いた埼玉県の「クロワッサンB.C.」(デイジイ)をご紹介いたします。51店舗が出店し賑わうなか、ご参加いただきました皆さまにご投票いただいた結果です。

なお、この年は2回目の開催で、テレビ番組でも取り上げられるなど大きな反響と共に、多くの方にご来場いただきました。

  • 「クロワッサンB.C.」のご紹介
  • まだまだあるよ!川口 地元情報

51店舗が出店したご当地パン祭りのなかで、見事、第1位に輝いた埼玉県代表のデイジイさんを訪ねてみました。

p02

創業1962年という老舗の「デイジイ」。親子二代にわたるパン職人で、二代目の倉田博和さんの手によって、平成8年に生み出されたのが「クロワッサンB.C.」です。

同年、農林水産大臣賞を受賞したこのパンは、クロワッサンの生地にアーモンドクリームを包みこんだもので、バターケーキ、バタークッキー、バタークロワッサンの3種類の味が同時に楽しめるオリジナリティ溢れる商品です。

サクッとしたクロワッサン生地のなかに、しっとりとしたバターケーキが隠された中身は、一度味わってみれば忘れられない食感と甘さを感じさせます。昔、パティシエとしても活躍したオーナーの「パンとケーキの融合を目指したい」という思いが実を結んだ唯一無二のブーランジェリーなのです。

そんなデイジイさんでは、「クロワッサンB.C」が開発されてから15年が経つというのに、今でもその人気は衰えず、老若男女に愛され、今でも同店一番の売れ筋商品なのだとか。

p03

ほかにも本格派石釜焼きのバゲットや、自然酵母の山型食パン、リュ・スティツク、各種ベーグルに、マルチシリアルレーズンなどバリエーション豊かなパンが取り揃うデイジイ。店内の一角ではイートインも行われており、気軽に食べたいパンとソフトドリンクやスープなどの組み合わせで軽めのランチをとられる方も多く見受けられます。

また「ピッツァ マルガリータ」(1枚600円)は、石釜による焼き立てのものをいただけるので、こちらも楽しみにぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょう。

p04

アーモンドケーキをクロワッサン生地で包み、その上にクッキーをソボロ状にしたものと、砕いたアーモンドでトッピングし焼き上げています。異なる食感が一つの商品として味わえることに驚きと楽しさを感じるのが人気の秘訣ではないでしょうか。口どけもよいので、小さなお子様から歯の悪いご高齢の方までお楽しみいただけます。

box_bg01
p05

お店の人気商品・第2位

サンフラワーレーズン(1本 ¥880、1/2本 ¥440)

ヒマワリの種、ビタミンE、ミネラル・・・などの入っている栄養価の高いヘルシーなパン。軽くトーストするとより一層風味が増します。ハード系のようであり、噛めば噛むほど、自然な甘みが感じられる、本格的なパン好きにはたまらない逸品です。

box_bg03

デイジイ 本店
  • 所在地:埼玉県川口市弥平2-9-17
  • TEL:048-227-6060
  • FAX:048-227-6062
  • 営業時間:8:00~20:00

まだまだあるよ!川口 地元情報

●全日本パンフェスティバル~日本全国ご当地パン祭り~とは

日本全国の製パン業者が加盟する全日本パン協同組合連合会(以下全パン連)が主催する1日限りのパンの祭典。目玉イベント『日本全国ご当地パン祭り』の他にも、大手製パンメーカーのパンを展示する特設コーナーや、特別配合したおいしい菓子パン生地で、アンパンや動物パンなどを自由に作る本格的なパン作りが体験できる『親子パン作り体験コーナー』などのイベントも開催予定です。

ページトップへ戻る

パンの知恵袋

意外と知られていないパンの情報をいろいろな切り口でご紹介します。
日本のパン事情
パンの安全性
バランスガイド
パンの歴史
パンの作り方
パンの豆知識
  • 2016 全日本パンフェスティバル in 函館
  • かべテレくん パンが食卓に届くまで
  • パンのはなし